トレンド メタバース (自由英作文│小論文対策)


そもそもメタバースとは? メタバースとは、インターネット上の仮想空間において、自分のアバターを作成して行動できる仕組みを持ったもの。アバターの形をしたほかのユーザーとも交流して、非現実的な体験ができるのも、メタバースの特徴です。 近年ではIT技術の進歩により、メタバースの自由度が飛躍的に向上し、仕事上のコミュニケーションを取ったり、メタバース上でイベントなどを開催することも可能になりました。運営者がどのようにその仮想空間を定義するかによって、メタバースの利用方法は無限大に拡大しつつあります。そのため、これまでよりも幅広い分野でビジネスに活用しようとする動きが広がっているのです。

メタバースと既存技術の共通点と違い メタバースは一見、全く新しい概念のように見えますが、実はすでに存在する幾つかの技術から進化したり、大きく機能が拡張したものです。 ゲームやSNSでは限定的な形で従来より用いられてきたもの メタバースというフレーズ自体が浸透し始めたのはつい最近ですが、この技術自体は「限定的な形」では従来よりゲームやブログなどの分野では用いられてきました。ブログではアメブロの「アメーバピグ」(2019年にサービス終了)が自身のアバターを作成して他のユーザーと互いに交流する機能を持っていました。 ゲームに関しては例をあげるときりがなく、MMO RPGやFPSタイプのゲームなどは「アバター」という名称は用いていなくとも、実質的にはメタバースに類する機能を持っています。より一般的なところで言えば「どうぶつの森」もこれに当てはまるでしょう。 最近話題になっているメタバースとこれら従来型のサービスとの違いは自由度にあります。これまでのアバターを活用した交流可能なサービスでできることは、特定の目的に基づく限定的なものでした。例えば、ゲームであればメッセージのやり取りや、アイテムの交換、どうぶつの森ではそれぞれが形成した空間への訪問など、できることはそのゲームを進める上で必要な限られた機能に過ぎませんでした。 一方で、現在応用が推進されているメタバースは、これら従来型のサービスよりも、よりユーザーの意向に沿って自由に活用できるプラットフォームとして注目されています。 VR(仮想現実)よりもコミュニティ形成に重点が置かれる 続いて、もう一つ「仮想」に関する技術として注目されているものとしてVRがあります。VRとメタバースは補完し合う可能性があるものではありますが、もちろん両者は異なります。 VRは、本来の意味は仮想現実を体験できる「デバイスやツール、道具」を指すので、インターネット上に形成される仮想空間である「メタバース」とは概念としてやや異なります。ただし、今ではVR=仮想現実として形成されるもの(映像や空間など)を指す用例も出てきており、よりメタバースに近い意味合いになります。 それでも両者の概念は異なっております。VRは一人の人間が仮想の映像や情景、空間などを体験するためのものであり、他者との関わりは考慮されていません。一方で、メタバースはインターネット上で他のユーザーとアバターを用いて交流される「空間」であり、コミュニティ形成という観点に主眼が置かれているのです。

メタバースをビジネスにもちいることで期待される効果とは? メタバースをビジネスに用いることで、さまざまな効果が期待できます。これらの効果を最大限活用することで、よりビジネスや社会の発展に役立てる余地があるからこそ、メタバースは注目を浴びているのです。 現実には実現不可能な状況の共有が可能 メタバース上においては現実には実現不可能な環境や状況などをつくり出し、かつそれを多くの人と共通体験することができます。エンターテインメントとして現実にはあり得ない環境を体験するサービスの提供などはイメージしやすいでしょう。また、例えば研究において、シミュレーションをメタバース上で具現化し、議論を活性化させ、イノベーションを促進させられる可能性もあります。 飛躍的な生産性の向上 メタバースを用いれば、「距離」によるさまざまな制約を大幅に緩和することができます。インターネットやWeb通話ツールがこれだけ普及した現代でも、ビジネスにおいて地理的な制約はしばしば頭を悩ませます。顧客に会うために出張したり、現地見学などのために顧客を外に招いたりということが今でも行われており、確実にビジネスの進捗を遅らせる要因となっています。 メタバース上では、既存のコミュニケーションツールよりも圧倒的な情報量で顧客や関係者と共通の経験を持つことができます。距離の離れた主体同士でできることが増えれば、それだけビジネスを効率的に進めることが可能になるでしょう。 感染症の抑制にも メタバースに注目が集まった遠因として、新型コロナの影響は無視できないでしょう。世の中の多くの企業は対面でのコミュニケーションを減らす努力をするとともに、リモート環境でもビジネスを円滑に進める方法を模索しています。その中でメタバースは有効な対策として注目されているのです。 仮想空間はこれまでエンターテイメントを中心に積極的に応用されてきました。これをビジネス全体で活用することで、顔を合わせずとも、ビジネスを円滑に進めることができます。仮想空間上でできることが増えれば増えるほど感染対策としての効果は高まるため、現在多くの企業が積極的にメタバースの応用の可能性を追求しているのです。

メタバース上でどのようなことができるのか? メタバースの可能性は無限大で、あらゆることができる可能性を秘めています。といっても、実際にメタバースに触れたことがなければ、どのようなことができるのかをイメージしにくい人も多いでしょう。ここからはすでに実現済みもしくは、近い将来には実現するであろうメタバースの応用方法についていくつか紹介します。 リモートでの会議や共同作業 リモート会議は今でもWeb通話などで行われていますが、共有できる資料はせいぜいプレゼンかよくても動画くらいです。メタバース上ではあらゆる事柄を共有し、場合によっては共にアップデートしながら議論を進めることができます。それぞれのアバターがあたかも対面しているかのように臨場感のある会議が進められるため、より積極的に議論に参加する意識付けもしやすくなります。 また、Web上で行うような作業については、メタバースであれば離れていても共同作業が可能に。むしろ現実では再現できないような環境や状況なども共有できるため、より効率的でイノベーティブな作業も可能になるでしょう。 バーチャルイベントの充実 バーチャルイベントについても、今のWebセミナーなどと比較して圧倒的にできることが広がります。より非現実的な環境を、より臨場感を持って参加者に提供することで、顧客体験を高めることが可能に。エンターテインメント業界での有用性はもちろん、新技術の発表やビジネスの紹介などについても、より自由で質の高いコンテンツを共有する余地が広がります。 社員研修のバーチャル化 社員研修は従来であれば、本社など一カ所に集まって進められるのが常でした。新型コロナ後は感染対策のためにリモートで進められるケースも多くなりましたが、Web通話システムなどでは臨場感に欠けるなどの理由で、社員のモチベーションが上がらないなどの弊害が見られました。 メタバースであれば、あたかも社員みんなが集結しているような体験をしながら、臨場感のある社員研修を進められます。むしろ、現実では実現できないような仮想上の研修コンテンツで、対面での研修以上に実りのある研修を展開する余地もあるのです。 アバターによる交流の高度化 アバター同士が交流するシステム自体は、少々前から存在しましたが、今後はより自由で高度なコミュニケーションが可能になります。仮想上のコンテンツの共有や、物品の売買、仮想上で完結するビジネスの実行など、さまざまな交流がアバター同士で展開できるのです。

市場成長性が見込めるメタバース ビジネスの観点からも、経済発展の側面からもメタバースに対する期待感は非常に高くなっています。中には次世代のSNSとして機能するのではないかとの意見も見られます。 カナダのエマージェン・リサーチ社の調査と予想に基づくと、2020年時点でメタバース関連の市場はすでに5.5兆円に達しているとの見方です。これでも十分巨大ですが、28年には100兆円規模の市場に成長すると試算しています。 ビジネス面では、この有望市場を活用しない手はありませんし、これから就職してキャリア形成を検討している場合には、メタバース関連の企業は要注目と言えそうです。 参考:メタバースで100兆円規模の巨大経済圏が誕生する?注目される理由と関連企業10選(Yahooニュース)

メタバースの動向に要注目 SNSやMMO RPGなど、一見すでに普及しつつある技術に見えるメタバースですが、実はビジネスにおいても大いなる可能性を秘めています。新型コロナにより非対面でのコミュニケーション機会が飛躍的に増加したことで、メタバースを活用しようとする企業が一気に増えてきているといえるでしょう。 技術の進歩と、応用方法の模索を多くの企業が行うことで、今後メタバースは急速に普及、発展すると見込まれています。これから就職や起業でキャリア形成を進める人にとって、メタバースは要注目の分野です。 板橋初!逆転合格専門塾【武田塾成増校】大学受験は個別指導で逆転合格!


TEL:03-5967-0187 Mail:narimasu@takeda.tv 〒175-0094 東京都板橋区成増2 – 12 – 3 第二幸昇ビル4F (東武東上線成増駅から徒歩30秒)※信号待ちもありません。





閲覧数:9回0件のコメント